下田街道歴史めぐりコース

     小田原から下田への道筋は、天城峠越えの中伊豆路と並行して伊豆東海岸に沿う東浦路があり、どちらも下田
   街道と呼ばれていました。
   江戸時代には、老中松平定信、伊能忠敬、吉田松陰達もこの路を歩いたとされています。
   下田奉行や浦賀奉行はこの二つの街道を使って伊豆の巡検をしていました。
   伊豆高原を通る東浦路は、当地に流された源頼朝にちなんだ伝承の地が多くあり、また多くの文人や俳人は曽我
   物語発祥の地を訪ねて足を運びました。そういった歴史を偲びながら歩いていただきます。

 
  <集合場所>
   伊豆急行線・伊豆高原駅・桜並木口「美足の湯」付近
  <コース>
      伊豆高原駅→拝み松→馬頭観音・さいの神
       →頼朝の馬蹄石→河津三郎血塚→八幡宮来宮神社
       →伊豆高原駅

  <コース時間>
   約3時間
   約2時間のショートコースもあります。

  <問合せ>
   伊東観光番 電話0557−37−3550 
 
           ヒヨドリジョウゴ

           河津三郎血塚