ちょっくら いいとこ 一碧湖ご案内
   〜ハンゲショウで季節の移ろいを感じよう〜

               開催日 平成29年7月2日(日) 
(雨天中止)  

  7月2日は夏至から11日目、半夏生と呼ばれる日です。ドクダミ科の草本、ハンゲショウはこの頃に
花が開き、虫を呼び集めるために葉の一部を緑から白に変えて強くアピールします。一碧湖の湿地に
はハンゲショウの群落があり、白く半化粧した姿を観察するのが、このイベントの一番の目的です。  
 大池と沼池からなる一碧湖の成り立ちや赤牛伝説に思いをはせながら、森の木々に覆われた遊歩
道を歩いて季節の移ろいを感じていただき、また、隠れるように咲く草花や木の実を探して、          
      
ちょっくら  半日を過ごしてみませんか?                          

緑したたる一碧湖 
 受付・出発       9:00〜9:30    (5〜6人毎に順次出発します)  
  集合場所  一碧湖駐車場 (旧一碧湖美術館駐車場)) バス停 一碧湖遊歩道口の脇
  コ ー ス       駐車場→沼池(自然観察橋、吉田水門、木道、ハンゲショウ群落、観光橋)→
 大池(芝生広場、晶子歌碑、12連島、展望台)→駐車場     
 未舗装、山道の部分があります。 全行程約4km、高低差20mぐらいです
 解散場所   集合場所に同じ   正午ごろ解散です      
  持ち物・服装   飲み物 帽子 雨具 ハイキングに適した履物 
  対象・     
 申し込み   
  上記ハイキングができる健康な方ならどなたでも参加できます。
 事前の申し込みは不要です。直接集合場所にお越し下さい
   お問合せ      問合せ先:伊東観光番 0557-37-3550  9:30〜16:30
   (小雨の場合の催行確認は当日7::00より上記及び下記で対応しています)
 
  伊東自然歴史案内人会ホームページ(http://ito-guide.on/arena.ne.jp)
   料   金      1人 500円 (小中学生は300円) 保険料を含みます
 
半夏生
 
ヌマトラノオ
 
合歓(ネムノキ)の花

カワウ