日本で初めての洋式帆船建造地を巡る

集合場所  JR伊東駅 
出発時間 随時(お客様の時間に合わせて出発します)
行   程 約 2.5時間
コ ー ス   伊東駅→キネマ通り(伊東国際交流協会)→洋式帆船建造タイル画→サン・ヴエナ・ベンツーラ号(市役所1階)→景観展望(市役所8階)→市役所(解散)
 料金  
1人500円(小中学生300円)

   
    
【 代表的な案内箇所 】



洋式帆船タイル画



砂地を利用した当時としては画期的な技術「サンドドック法」で洋式帆船を建造している様子をタイル画にしています。
アダムス、御船手奉行、伊東の大工などが描かれています。

按針メモリアルパーク



ウイリアム・アダムスが徳川家康の命により伊東で初めての洋式帆船を建造して400年目の2004年、なぎさ橋の一角にメモリアルパークが開設されました。
伊東の彫刻家重岡建治氏によるアダムス像、建造船「サン・ヴエナ・ベンツーラ号」の彫刻などが置かれています。